冷え改善におススメ!低体温改善サプリの成分と効果とは?

低体温改善サプリ

現代において、様々な生活スタイルがある中で、冷え性の

悩みは女性だけでなく男性にも増加しています。

 

冷え解消に効果的なサプリメントとして、
様々な低体温改善サプリが販売されています。

 

ここでは、低体温改善サプリの主な成分と効果
についてご紹介しましょう。

 

 

金時しょうが

 

生姜といえばポカポカ成分を豊富に含む、
冷え改善に効果的な食材として有名です。

 

生姜湯や生姜スープ、摩り下ろして料理に入れるなど、
様々な使い方をしている方もいらっしゃるでしょう。

 

この一般的な生姜と比べて、香りと辛味が
強い特徴を持つのが金時しょうがです。

 

金時しょうがは日本で品種改良されたオリジナルの生姜で、
主に静岡県と愛知県で栽培されている品種です。

 

金時しょうがの特徴として、他と異なる栽培方法があげられます。

 

金時生姜は土壌に含まれる栄養素を根こそぎ吸収するため、
栽培に使用した土地は、収穫後約7年間も使用することが
できないほど土壌の栄養分が失われます。

 

さらに金時しょうがには通常の生姜と比べて4倍ものジンゲロール
という成分が含まれており、加熱されると冷え改善に
有効なショウガオールという成分へと変化します。

 

このショウガオールは血流促進効果が高く、
冷え性に有効な成分として注目されています。

 

 

ヒハツ

 

コショウ科の植物の一つであるヒハツは、乾燥したものを香辛料
として使用され、血管拡張や増血作用があることから、中国では
古くから体を温める薬草として重用されてきました。

 

冷え性の主な原因として血行不良があげられ、末端まで
血液が巡らないことにより手足の先が冷えてしまいます。

 

これに対しヒハツを摂取することで、血液量を増やし、血流を
促進させることが期待でき、冷え改善へと導きことができます。

 

さらにヒハツには代謝アップ作用があり、摂取した栄養素を
エネルギーに変換しやすくする作用があるといわれています。

 

この作用により体内で熱を作りやすく、
冷え改善にも効果的とされています。

 

 

青みかん

 

完熟したミカンではなく未完熟の青みかんには、ポリフェノール
の一つであるヘスペリジンという成分がたっぷり含まれています。

 

このヘスペリジンは毛細血管を強く補強する働きを持ち、毛細血管
内の血流を促して全身の血の巡りをアップさせる効果があります。

 

全身の血液循環がアップすることで体の末端まで血が巡り、
冷えの改善や予防に高い効き目を発揮します。

 

これまで低体温改善サプリは生姜が主成分のものがほとんどでした
が、近年青みかんに含まれるヘスペリジンが注目を浴び、その
効果などが研究され様々なサプリに応用されています。